法人カードのデメリット!年会費について

一般のクレジットカードの場合は、年会費が無料のタイプも非常に多いといった特徴があります。
一方で、法人カードにて年会費無料のカードはほとんどないといった状況です。
年会費を支払わなければならないといったデメリットがあります。
ただ、代表者のカードの年会費は高く、追加カードについては年会費が安いことが一般的なので、それほどおきな負担を感じていない方も多いです。
一方で、ゴールドカードなどの上級のカードのケースでは、追加カードであっても年会費が高いケースが指摘されているので注意してください。

【法人カードの年会費の実例を紹介】

・JCB一般法人カード・・・年会費:1,312円・追加カード年会費1,312円
オリコ エグゼクティブ ゴールド フォービズ・・・年会費2,100円・追加カード年会費:無料(3枚まで)
・三井住友ビジネスカード・・・年会費1,312円・追加カード年会費:420円
・ANA JCB法人カード(一般)・・・年会費:2,362円・追加カード年会費:787円
・コスモコーポレート JCB一般カード・・・年会費:1,312円・追加カード:1,312円

以上のようなものになります。
ネットで比較するのも手です→「法人カードを徹底調査&比較!おすすめはコレだ! ~ クレジットカードの達人
追加カードのほうが安いことが一般的ですが、まったく同じ金額になることもあり、ものによっては年会費の方針が大きく異なることがよく分かると思います。
ちなみに、初年度年会費が無料になるタイプのカードもありますので、経費を節約したい方は初年度無料タイプを選択することもおすすめでしょう。