法人カードのデメリット!審査基準

人カードにはいくつかのデメリットが有ります。
もちろんメリットもあるのですが、利用前には必ずデメリットにも目を通して下さい。

こちらでは法人カードの審査に関するデメリットを紹介します。
果たして、どんな損点があるのでしょうか。

審査が非常に厳しく設定されているのが、法人カードのデメリットです。
本人の信用といったものではなく、会社としての芯用が非常に重視されることになるのです。
会社の設立が間もない時期であったり、赤字経営が続いているケースでは法人カードの作成ができない、といったケースも多いです。
個人が作成するクレジットカードであれば、働き始めて作ることだって出来るわけですが、法人カードは色々と厳しい判断をされることになります。

【会社設立が3年以上であること】
【黒字決算が2期連続で続いていること】

以上の二つ条件を設定されていることが多いのです。
もちろん、設立して初年度に法人カードの審査を突破した例もあるので例外はありますが、2つの条件をクリアしていなければ、法人カードの獲得は難しいと判断して間違いありません。

【固定電話があること】

固定電話がない法人に対しては、審査を通さない、としているクレジットカード業者もあります。
固定電話は信用にも大きく関わるので、会社設立時に用意すべきです。