法人カード発行に必要な書類

クレジットカードを発行するには、本人確認書類などを提出しなければなりません。
法人カードでも、必要になる書類があります。
事前に用意をして、スムーズに申込、発行ができるようにしておきましょう。

法人カードでも本人確認書類が必要なりますが、法人の確認書類と代表者の本人確認書類の両方が必要になります。
本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などになります。
ただ法人の確認書類って何?と戸惑うケースも多いかと思います。
法人の確認書類となるのは、登記事項証明書、印鑑登録証明書、登記簿謄本の写しなどが代表的なものになります。
法人カードにより指定する書類が異なる場合がありますので、確認しておいてください。
ちなみに個人事業主は、法人の確認書類は不要になるケースが多いです。

また法人カードによっては、確定申告書などの提出を求められることもあります。
法人カードは赤字経営の企業には発行したくないですから、確定申告書で経営状態を確認するというわけです。

法人カードの発行となると、個人向けクレジットカードの発行よりやや手間がかかるイメージがあります。
しかし実際にはさほど違いはなく、発行するにあたり手間取ることはないでしょう。